西郷隆盛『南洲翁遺訓』より

西郷隆盛の名言・格言  『南洲翁遺訓』より


敬天愛人
(天を敬い、人を愛せよ)


人を相手にせず
天を相手にせよ

道は天然自然の物にして
人は之を行ふものなれば
天を敬するを目的とする
天は人も我も同一に愛し給うゆゑ
我を愛する心を以て人を愛する也

道は天地自然の物なれば
西洋と雖も決して別無し





西郷隆盛「南洲翁遺訓」―ビキナーズ日本の思想 (角川ソフィア文庫)】より
 

西郷隆盛「南洲翁遺訓」―ビキナーズ日本の思想 (角川ソフィア文庫) 

西郷隆盛「南洲翁遺訓」
―ビキナーズ日本の思想 (角川ソフィア文庫)

■補足

西郷隆盛南洲翁遺訓』は西郷隆盛の遺訓集。
庄内藩の旧臣の人たちが西郷隆盛から聞いた話をまとめて、編集された一冊です。

「維新の三傑」の一人、西郷隆盛。映像や漫画などで、どっぷりとした体躯で、人望厚く、穏やかに人物に描かれることが多いですが、実際のところはどのような人物だったのか?

本書を読むと、明治維新という時代を築いた一人である西郷隆盛が晩年にたどり着いた境地と、その思想を垣間見ることが出来るかもしれません。

上に引用した「敬天愛人」とは、西郷がよく揮毫した言葉だそうですが、「神を愛し、人を愛せ」と言ったキリスト教の教えと共通するところがあります。

心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。
あなたの隣人をあなた自身を愛するように愛せよ。

とは聖書の中の言葉ですが、

道は天然自然の物にして人は之を行ふものなれば天を敬するを目的とする
天は人も我も同一に愛し給うゆゑ我を愛する心を以て人を愛する也

という西郷の言葉と、神と天を置き換えたなら順番も形もまったく同じ内容です。

尚、明治以前の日本には「敬天」と「愛人」というそれぞれの言葉が儒学の思想として存在していたそうですが、「敬天愛人」と一繋ぎになった言葉は使われてはいなかったそうです。

だからといって、「敬天愛人」という言葉は突如西郷によって使われたのかというと、そうではなく、当時のベストセラー「西国立志編」で登場するそうです。
(中村正直によるイギリスの自己啓発書、サミュエル・スマイルズ「セルフ・ヘルプ」の翻訳書)

晩年この書を読み、影響を受けた可能性も考えられますが、儒学を中心とした東洋思想を大切にした西郷隆盛が、単純に西洋の思想をそのまま借りてきただけではないだろうと思われます。

道は天地自然の物なれば西洋と雖も決して別無し

という西郷の言葉から推測すると、恐らくは、「敬天愛人」という言葉を世界を貫く理(ことわり)と見て、東洋の思想と西洋の思想を貫く理想をここに見たのではないでしょうか。

当時西洋の圧力に屈していく東洋の国々を見て、
『西洋も東洋も同じ人間であるならば、同じ理想が共有できるはずだ。「敬天愛人」大義はこちらにあり。』
と考えていたのかもしれません。

「世界」の中の「日本」という意識が覚醒し始めた明治維新前後の時代を象徴する一冊、『西郷隆盛南洲翁遺訓』を歴史に思いを馳せながら読んでみてはいかがでしょうか。

歴史好き必読の一冊。






■関連書籍
 
自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS) スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫   西郷南洲遺訓―附・手抄言志録及遺文 (岩波文庫)
| 政治・歴史の名言 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

『リンカン民主主義論集』

■政治家の名言・格言 『リンカン民主主義論集』より



ニワトリがほしいと思ったら、
卵を割るよりも孵化させるほうが早道ではないでしょうか。
byリンカーン



なぜ、国民の究極の正義をあくまでも信頼しようとする姿勢がないのでしょうか?
それ以上の、あるいはそれに匹敵する希望がこの世に存在するでしょうか?
byリンカーン


“神は弱者には風を加減する”というのは本当ですね。
つまり、神の手にかかると、最悪の境遇ですら耐えうるものとなり、
最良の境遇ですら耐えうる以上にましなものにはならないのです。
byリンカーン


正義をかちとるためには、
銃弾(バレット)ではなく投票(バロット)が必要です。
byリンカーン


断固として立つなら、敗れることはありません。
勝利の時期は賢明な計画によって早まることもあれば、
失策によって遅れることもあるでしょう。
しかし、遅かれ早かれ勝利はかならずめぐってくるのです。
byリンカーン


他人の自由を否定する者は、自らも自由になる資格はありません。
byリンカーン


正義は力であるとの信念をもち、この信念に立って、
自身の義務であると信じることを最後まではたそうではありませんか。
byリンカーン


人間が自分の価値を自覚し、
自分をつくりたもうた偉大なる神とともにあることを確信するかぎり、
どんな人間でも不幸になることはむずしいのです。
byリンカーン


世の大いなる争いにさいしては、
当事者のいずれもが、神の意志にしたがって行動しているのだと主張する。
つまり、双方ともに間違っていることもありうるが、
かならず一方が間違っているわけだ。
神が同じことにたいして賛成と反対を同時になさるはずはない。
byリンカーン


われわれは、
名誉ある戦死者が最後まで奉仕した偉大なる大義のために彼らの衣鉢を継ぎ、
彼ら以上に奉仕すべきであり、
彼らの死を無駄にしないことを固く決意すべきであり、
神のもとでこの国に自由を復活させるべきなのです。そして、
人民の、人民による、人民のための政治をこの世から消滅させてはならないのです。
byリンカーン


しかし、自らが裁かれないためにも、人を裁くのはやめましょう。
byリンカーン


なんぴとにも悪意をいだかず、すべての人に思いやりを示し、
神が示したもう正義を固く信じて、
未完の事業を完成させるべく努力しようではありませんか。
byリンカーン





リンカン民主主義論集】より

リンカン民主主義論集
リンカン民主主義論集
マリオ・M. クオモ, ハロルド ホルザー, 高橋 早苗




■補足

Abraham Lincoln(1809-1865)
エイブラハム・リンカーンは第16代アメリカ合衆国大統領。奴隷解放の父。

『リンカン民主主義論集』
はリンカーンの演説や、書簡、メモなどを集めた選書。
民主主義に関するものが主に集められています。


ちなみに、
リンカーンの奴隷解放についての考えに関して、


この戦争における私の最大の目的は連邦を維持することであり、
奴隷制度を維持することでも廃止することでもありません。



というリンカーンの言葉や、南北戦争終了後に南部のみ奴隷解放をして、
北部の奴隷解放をしなかったことを上げ、
『リンカーン自身奴隷解放に強い関心があったわけではない』
と言われることがあります。

ある点ではその通りで、
リンカーンは奴隷制度自体を非難し、
奴隷制度の拡大に反対していたのは確かですが、
当時時点での完全な解放は難しいと考えていたようです。
また、奴隷廃止論者の“組織的運動”に関しては断固反対していたようです。

しかし、奴隷廃止論者のその強固な手法に反対でも、
気持ちや方向性に関しては同情的であったようです。


彼ら(奴隷解放、軍事的戦略等の急進派)は、
個人としてはきわめて敵対的だが、
考え方や志向の点ではそれ以外の人たちよりも私のほうに近い。
彼らは完全な無法者――世界一扱いにくい悪魔――だが、
結局は彼らも天国のほうへ顔を向けているのだ。


私の気持ちは奴隷廃止論者のそれに劣らない



実際のところ、
リンカーンにとっての理想とは、
神の下の自由と平等が実現される民主主義国家であり、
少数による支配ではなく、多数による支配が実現される民主主義国家であって、

その民主主義に矛盾する形での奴隷解放も、
その民主主義に矛盾する奴隷制度も認められないということが、
リンカーンの本心であったと思われるのです。




| 政治・歴史の名言 | 15:39 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |

サミュエル・ハンチントン『文明の衝突と21世紀の日本』

■国際情勢・政治の名言・格言 『文明の衝突と21世紀の日本』



文明の境界が明確な線をなすことは滅多にないが、
それでも境界は実際に存在する。



イデオロギーでは分裂していても文化が共通する国々は統合される


日本は、家族を持たない文明である。


文明は「われわれ」と呼べる最大の分類である。


文明は文化的なまとまりであって、政治的なまとまりではない。


文明とは人類を分類する最終的な枠組みであり、
文明の衝突とはグローバルな広がりをもった種族間の紛争である。


人間が共通してもっているのは、
「共通の文化への傾倒よりも、むしろ共通の敵(もしくは悪)の自覚」である。


人間社会は、
「人間のものであるがゆえに普遍的であり、
社会であるから特殊なのである。」





サミュエル・ハンチントン【文明の衝突と21世紀の日本】より

文明の衝突と21世紀の日本
文明の衝突と21世紀の日本
サミュエル・P. ハンチントン, Samuel P. Huntington, 鈴木 主税




■補足
著者ハンチントンは、冷戦構造が終焉を迎え、宗教や民族、
文化の違いによる国家横断的な紛争が起こることを、
ベストセラー『文明の衝突』で予言しました。
『文明の衝突と21世紀の日本』は、そんな文明間の衝突が起こる中、
日本がとるべき方向性を提示した一冊です。
| 政治・歴史の名言 | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

谷沢 永一 , 渡部 昇一『詠う平家 殺す源氏』

■歴史学の名言『詠う平家 殺す源氏』



歴史というのは、見る人の立場から見えた“虹”だと思う
by渡部 昇一


うまく書かれた小説を読まなければ歴史は分からない。
by渡部 昇一


集団の力というものは、
組み合わせによって発揮されるものなのに、
同じカードをそろえても意味がない。
by谷沢 永一


戦略戦術とは可能性の選択です、選択肢が多いほどよろしい。
その選択肢すら想定できない者に戦術は考えつけない。
by谷沢 永一





谷沢 永一 , 渡部 昇一【詠う平家 殺す源氏】より

詠う平家殺す源氏−日本人があわせ持つ心の原点を探す
詠う平家 殺す源氏−日本人があわせ持つ心の原点を探す
谷沢 永一 , 渡部 昇一




■補足
詠う平家 殺す源氏は谷沢 永一氏と渡部 昇一氏による、
“平家物語”についての対談書。
平家物語周辺を、政治史・文学史・歴史等の様々な切り口で、
源氏、平家のどちらにも偏らずに語られています。

日本歴史文学の中での“平家物語”の重要性や、
その後世への影響力がよく理解できる一冊です。


| 政治・歴史の名言 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

塩野七生『ローマ人の物語-勝者の混迷』

■歴史の名言・格言『ローマ人の物語-勝者の混迷』



情報は、その重要性を理解する人々には必ず伝わる。



良識豊かな人は、
その良識がかえって発想の転換や飛躍を妨げてしまう。


絶望に駆られた人は、容易に過激化に走る。
そして常に、中心にいる人物よりも周囲を固める者たちのほうが、
激しく対応するようになるものである。


戦いが何たるかを知らない人々の群れは、必ず後部が弱い


確固とした自負心のみが、
劣等感に悩むという「地獄」に落ちるのを防ぐのだ。
過度な劣等感くらい、状況判断を狂わせるものもないのである。


闘う大義名分は失われても、
闘ううちに芽生えた憎悪は残る。
憎悪さえあれば、そしてそれに火を点ける指揮官さえいれば、
戦争はつづくものなのだ。


前線で闘う者は、何のために闘っているのかさえわからなくなる。
ただ、憎悪だけが彼らを駆り立てる。
内戦が悲惨であるのは、目的が見えなくなってしまうからである。


例外は、次の例外を呼ぶ宿命をもつものである


民主政だけが、絶対善ではない。
民主政もまた他の政体同様、プラス面とマイナス面の両面を持つ、
運用しだいでは常に危険な政体なのである


いかに戦略戦術の天才が率いようと、戦力の小さい軍隊には欠点もある。
戦闘が優先するあまりに、
外交面がおろそかにならざるをえないという点である。


優れた能力に恵まれた人はしばしば、
前段階で成し遂げた事柄を定着させることで、
現に解決を迫られている事柄への打開の出発点とする。





塩野 七生【ローマ人の物語-勝者の混迷】より

ローマ人の物語〈3〉― 勝者の混迷
ローマ人の物語〈3〉― 勝者の混迷
塩野 七生




■補足
ローマ人の物語-勝者の混迷は、
約千年間のローマ帝国興亡の描く物語の第三巻。
時代は、グラッスス兄弟、マリウスとスッラ、
そして後の三頭政治の一人であるポンペイウスの時代の三章立て。
共和制の仕組みがほころびはじめ、
権力の集中、濫用が多く見られるようになっていきます。
| 政治・歴史の名言 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

勝海舟『海舟語録』

■偉人の名言・格言 勝海舟『海舟語録』



内で喧嘩をして居るからわからないのだ。
一つ、外から見て御覧ナ。直きにわかつてしまふよ。



機は感ずべきもので、
言ふことの出来ず、
伝達することの出来んものです


今年破れた所を丈夫に直すと、
この次はその向ふが破れるものだよ。


機先を制するといふが大切だが、
機先に後れると、後の先といふものがある。


物はサウ急に運ぶものでないよ。人にある。
これをやる人に依つて利害を決するのだ。


拡張するにも、みンな根柢がなければダメだよ。


どうも、大抵物事は内より破れますよ。


事を遂げるものは、愚直でなければ。
あー才ばかりに走つてはイカヌ。


これだけと限つてしまふと、
それより大きい事があつた時、仕方が無いから。
どうか、限らないやうに。


人心の理といふものは、古今同じだからナ。
たゞその趣が違つて見えるだけだもの。


国といふものは、独立して、何か卓絶したものがなければならぬ。
いくら西洋々々といつても、善い事は採り、その外に何かなければならぬ


百年の後に、知己を待つのだ。なにが、わかるものか。
昔から、大功の有つた人は、人が知らないよ。
久しうして後にわかるのだ。


ナニ、忠義の士といふものがあつて、国をつぶすのだ。
己のやふな、大不忠、大不義のものがなければならぬ。





勝海舟『海舟語録』より

海舟語録
海舟語録
勝 海舟, 江藤 淳, 松浦 玲




■補足
海舟語録は晩年の勝海舟が、
ジャーナリストである巌本善治との談話の内容を編集した一冊。
維新後も政治に関わりつづけた勝海舟が、
幕末から維新後の政情や人物等に対して、率直な意見を述べています。


| 政治・歴史の名言 | 22:44 | comments(1) | trackbacks(1) | - | - |

吉田松陰『留魂録』

■偉人・歴史上の人物の名言・格言 吉田松陰『留魂録』



私が死を目前にして平安な心境でいるのは、
四季の循環というものを考えたからである。



身はたとひ武蔵の野辺に朽ぬとも留置まし大和魂


今日、私が死を目前にして平安な心境でいるのは、
四季の循環というものを考えたからである。

…十歳にして死ぬ者は、
その十歳の中におのずから四季がある。
二十歳にはおのずから二十歳の四季が、
三十歳にはおのずから三十歳の四季が、
五十歳や百歳にも、その中におのずからの四季がある。

…私は三十歳、四季はすでに備わっており、
花をさかせ、実をつけているはずである。
それが単なるモミガラなのか、
成熟した粟の実であるのかは私の知るところではない。

もし、同志の諸君の中に、私のささやかな真心を憐れみ、
それを受け継いでやろうという人がいるなら、
それはまかれた種が絶えずに、
穀物が年々実っていくのと同じで、
収穫のあった年に恥じないことになろう。
同志よ、このことをよく考えてほしい





吉田松陰『留魂録』より(現代語訳)

吉田松陰・留魂録
吉田松陰・留魂録
古川 薫




■補足
明治維新を先駆した吉田松陰が牢獄で弟子たちのために執筆した遺書留魂録』。
情熱的に生きた吉田松陰の、格調高い死生観が綴られています。
| 政治・歴史の名言 | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

塩野七生『ローマ人の物語-ハンニバル戦記』

■歴史文学の名言・格言『ローマ人の物語 ハンニバル戦記』



優れたリーダーとは、
優秀な才能によって人々を率いていくだけの人間ではない。
率いられていく人々に、自分たちがいなくては、
と思わせることに成功した人でもある。



良くつくられたシステムは、他の面でも機能しないではすまない。


戦闘の結果を左右する戦術とは、
コロンブスの卵であると同時にコロンブスの卵ではない。
誰もが考えなかったやり方によって問題を解決するという点では
コロンブスの卵だが、
そのやり方を踏襲すれば誰がやっても同じ結果を産むとは
かぎらないという点で、コロンブスの卵ではないのである。


優れた武将は、主戦力をいかに有効に使うかで、
戦闘の結果が決まることを知っている。
その主戦力を有効に使うには、
非主戦力の存在が不可欠であることも知っている。


天才とは、その人だけに見える新事実を、
見ることのできる人ではない。
誰もが見ていながらも重要性に気がつかなかった旧事実に、
気づく人のことである。


戦闘とは、激動の状態である。
ゆえに、戦場でのすべての行為は、
激動的に成されねばならないbyアレクサンダー


いかに巧妙に考案された戦略戦術でも、
それを実施する人間の性格に合っていなければ成功には結びつかない。


人間、これまではずっと有効であったことを変革するくらい、困難なことはない。


信頼は、小出しにしないほうが、より大きな効果を産みやすい。


真に優秀な弟子ならば、師のやり方の全面的な模倣では終わらない。
必ず、与えられた条件のオリジナルな活用も、忘れないものである。


介入とは、長びけば長びくほど介入した側に不利に変わるのである。


敗北とは、敵に敗れるよりも自分自身に敗れるものなのである。


指導者の軟弱な態度は、たとえそれがやむをえないことであっても、
しばしば庶民のナショナリズムに火を点けるものである。





塩野七生【ローマ人の物語 ハンニバル戦記】より

ローマ人の物語〈2〉― ハンニバル戦記
ローマ人の物語〈2〉― ハンニバル戦記




■補足
ローマ人の物語 ハンニバル戦記は、
約千年間のローマ帝国興亡を描く物語の第二巻。
舞台はローマ共和政時代のローマとカルタゴが対決するポエニ戦争。
カルタゴの名将ハンニバルの火のような快進撃、
若いローマの英雄スキピオの台頭、
ザマでのハンニバルとスキピオの対決など読み所が沢山あります。
| 政治・歴史の名言 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |

ナポレオン言行録

■戦い・軍事の名言・格言『ナポレオン言行録』



最大の危険は勝利の瞬間にある。



作戦計画には二種類ある。よいのと悪いのとである。
時としてはよい作戦計画も偶然の事情によって失敗し、
時としては悪い作戦計画も運命の気まぐれによって成功する。


百に六十の成功のチャンスをかぞえることができない限り、
戦闘を交えるべきではない。
いや、われわれがもはや新しいチャンスを
望めない時でなければ戦闘を交えるべきではない。


戦争においては、いたずらに多くの人間がいたからといって何にもならない。
一人の人間こそすべてである。


指揮の統一は戦争において最も重要なものである。
二つの軍隊は決して同じ舞台の上におかれてはならない。


「偶然」は凡庸な精神の持主たちにとっては
常に一つの神秘としてとどまっているが、
すぐれた人々にとっては一つの現実となる。


戦争会議を重ねすぎると、いつの時代にも起こったことが起こる。
すなわち、ついには最悪の策が採られるということである。


戦闘の翌日に備えて新鮮な部隊を取っておく将軍はほとんど常に敗れる。


数の優勢な方の部隊にこそ勝利は保証されている。
それゆえ戦術は、闘おうと思う地点に赴いた時、
どうすれば敵軍よりも数においてまさっていることができるか、
ということを考えるに在る。


最良の兵隊とは闘う兵隊よりもむしろ歩く兵隊である。


平凡人が規則の枠内でしか動けないというのはそれでよろしい。
有能の士はどんな足枷をはめられていようとも飛躍する。


約束を守る最上の手段は決して約束をしないことである。


どんな生涯においても、栄光はその最後にしかない。





ナポレオン言行録】より

ナポレオン言行録
ナポレオン言行録
ボナパルト・ナポレオン, O.オブリ, 大塚 幸男




■補足
Napoléon Bonaparte(1769-1821)
ナポレオン・ボナパルトはフランスの軍人・政治家。

稀代の英雄で、軍事の天才、ナポレオン。
特に軍事に関する言葉は、深いものがあります。
ナポレオン言行録は、
そんなナポレオンの言葉を集めた一冊。
情勢判断、意思決定などの参考になるかもしれません。

| 政治・歴史の名言 | 02:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

塩野七生『ローマ人の物語-ローマは一日にして成らず』

■歴史文学の名言・格言『ローマ人の物語-ローマは一日にして成らず』



法は、価値観を共有しない人との間でも効力を発揮できる。
いや、共有しない人との間だからこそ必要なのだ。



ゆっくりと一歩一歩地歩を固めていくやり方は
それはそれで誉められてよい生き方だが、
組織はときおり、異分子の混入が飛躍につながるという現象が起こる。


国内に不安をもつ支配者は常に、対外関係を確かなものにしようと努める。


スキャンダルは、力が強いうちは攻撃してこない。
弱みがあらわれたとたん、直撃してくるものである。


共同体も初期のうちは、中央集権的であるほうが効率が良い。
組織がまだ幼い時期の活力の無駄使いは、致命傷になりかねないのだ。


改革の主導者とはしばしば、
新興の勢力よりも旧勢力の中から生まれるものである。


変革時には、あらゆることが次々と起る。変革が変革を呼ぶからだ。


改革というものは、改革によって力を得た人々の要求で
再度の改革を迫られるという宿命を持つ。


指導的な立場に就いた者ならば、遅かれ早かれ、
人々の嫉妬と疑いと中傷を浴びないではすまなくなる。


急進派(ラディカル)の考えは、
常に穏健派(モデレート)より明快なものである。


民主政体を機能させるのに、民主主義者である必要はない。


貧しいことは恥ではない。
だが、貧しさから脱出しようと努めないことは、恥とされる。
byペリクレスの言葉


私益追求を目的として行われた事業で発揮された能力は、
公的な事業でも応用可能である
byペリクレスの言葉


自由と秩序の両立は、人類に与えられた永遠の課題の一つである。


衆愚制とは、人材の不足からくる結果ではなく、
制度が内包する構造上の欠陥が表面にあらわれた現象に思えてならない。


抜本的な改革とは、それを担当する人間を入れ換えることによって、
はじめて十全になされるものである。


何ごとであれ改革とは、
効果が見えてくるまでには長い期間を要するものだから、
その間の人々の同意を維持しつづけていくための対策を
忘れるわけにはいかないのだ。


敗けっぷりに、良いも悪いもない。敗北は、敗北であるだけだ。
重要なのは、その敗北からどのようにして起ちあがったか、である。


真の保守とは、改める必要のあることは改めるが、
改める必要のないことは改めない、という生き方ではないだろうか。


万民の幸福に寄与したということならば、
民主制も帝政もなくなって善政だけが残る。





塩野七生【ローマ人の物語-ローマは一日にして成らず】より

ローマ人の物語〈1〉― ローマは一日にして成らず
ローマ人の物語〈1〉― ローマは一日にして成らず
塩野 七生




■補足
ローマ人の物語-ローマは一日にして成らずは、
約千年間のローマ帝国興亡の描く物語の第一巻。
2006年で15巻完結の予定になっています。
あまり資料の少ない時代だからか、
一巻では面白いエピソードなどは少ないかもしれませんが、
ローマの制度や精神がどのようなところに源流があるのかなど、興味深く読めます。

| 政治・歴史の名言 | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM