<< 『100均フリーダム』より | main | 『「できる人」で終わる人「伸ばす人」に変わる人』より >>

寺田寅彦  『天災と国防』

寺田寅彦の名言・格言  『天災と国防』より


「自然は過去の習慣に忠実である」

 
きのうあった事はきょうあり、
きょうあった事はまたあすもありうるであろう。

ものをこわがらな過ぎたり、
こわがり過ぎたりするのはやさしいが、
正当にこわがることはなかなかむつかしいことだと思われた。

人類が進歩するに従って
愛国心も大和魂もやはり進歩すべきではないかと思う。



天災と国防 】より
 

天災と国防 (講談社学術文庫)
 天災と国防 (講談社学術文庫)
寺田寅彦

■補足

「天災は忘れた頃にやって来る」
この言葉は防災でよく使われていますが、著者の寺田寅彦がこの言葉を初めに使ったと言われています。

災害はいつ、何処で起こるか、予測は難しいでしょうが、過去起こったことがある災害は、たとえ1000年に一度のペースであろうとも、どこかで起こりうる災害であるということでしょうか。

ちなみに本書で使用される「国防」は、仮想敵国から日本を護るという意味の他に、大規模の天災から国民を護るという意味でも使用されています。

国民を護るという意識が、幅広く政治内で浸透されたならば、人災、災害関わらず、恒常的な科学的研究と、実際に事が起こった時の迅速な行動に現れるものかと考えます。

戦前の文章ですが、現代にも通用するであろう警句に満ちた一冊です。


■関連書籍
 
天災と日本人  寺田寅彦随筆選 (角川ソフィア文庫) 柿の種 (岩波文庫) 科学と科学者のはなし―寺田寅彦エッセイ集 (岩波少年文庫 (510))
| エッセイ・随筆の名言・格言 | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://wisewords.holly.holy.jp/trackback/1067968

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM