<< サミュエル・スマイルズ 『向上心』 | main | 『うまくいっている人の考え方』 >>

『シャガール わが回想』

■芸術家の名言・格言 『シャガール わが回想』


ただ自分の論理と理性を持つ真摯な心だけが自由なのだ。
文学が不条理であろうとも、
最も純粋であると人々に言われる段階にまで達したのは、
魂それ自身によったのである。



私を幻想的と呼ばないでほしい。
反対に私はレアリストなのだ。
私は大地を愛している。


個人的には、私は科学的な傾向は芸術にとって喜ぶべきものとは考えていない。
印象主義も立体主義も私には無縁のものだ。
芸術はとくに魂のあり方なのだと私には思われる。
すべての人の魂は神聖なもので、
地上どこにでもいるすべての両足動物の魂は神聖だ。
ただ自分の論理と理性を持つ真摯な心だけが自由なのだ。
文学が不条理であろうとも、
最も純粋であると人々に言われる段階にまで達したのは、魂それ自身によったのである。


ただ神のみが手をかして、私は自分の絵の前で、真実の涙を流すのだ。
私の絵に、私の皺、私の蒼白の顔色が残り、
そこに、永遠に流動する私の魂が止まるだろう。




シャガール わが回想】より

シャガール わが回想
シャガール わが回想
マルク・シャガール, 三輪 福松, 村上 陽通




■補足
Marc Chagall(1887-1985)
マルク・シャガールは、ユダヤ人でロシア出身の画家。
主にフランスで活躍。

『シャガール わが回想』は、
1931年に描かれた自伝。
自分の出来事とその時々の心情が語られているのですが、
詩的で、象徴的な部分があるので、
多少読みにくいところがあるかもしれません。

たとえば次のような感じです。


おまえ、裸で十字架に掛けられた牝牛よ、おまえは天国でいろいろと夢を見るんだね。


すべての色はひっくり返り、酒になり、私の絵は酒をふき出す。


私は芸術家ではない。そうだ、一匹の牝牛だ。




ちなみに、シャガールは、
バレエ・リュスの舞台美術を担当していたレオン・バクストに師事していました。


「今の、きみの色は歌を歌っている」


なんてバクストはシャガールに対して語っていたりします。


また、レオン・バクストに師事していたことも関係あって、
ニジンスキー(伝説的なバレエダンサー)などとも交流がありました。
シャガールの隣でニジンスキーが絵を描いているなんて情景もあったようです。

バレエ・リュスは当時の前衛的な芸術家に愛されていましたが、
若い頃のシャガールもよくバレエ・リュスの舞台を鑑賞しに行ったようです。
シャガールの絵は人間だけでなく、
様々なものが飛翔しているのところが特徴の一つだと思いますが、
多少バレエの影響があるのかもしれません。


シャガールの絵はとても幻想的ですが、
幻視者ウィリアム・ブレイク等の絵とも類似性があるように思います。
彼自身も時々不思議な夢や幻視的なものを見るようなところがあったようです。

その例の一つを以下に引用してみます。


急に天井があいて、光とひどい音をたてて翼のある人が降りる。
部屋は動揺と雲でいっぱいになる。
引きずった翼の触れあう音。
私は考えた。
天使だ! 眼を開けることができない。
あまりにも明るすぎ、眩しすぎる。
天使はすっかり調べてから、
すべての光と青い空気を持って天井の裂け目から昇って行く。
また暗くなる。私は目がさめた。



ちなみに、この夢を再現した『出現』という作品があります。

『出現(L'APPARITION)』





| 芸術の名言・格言 | 02:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://wisewords.holly.holy.jp/trackback/156112

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM