<< 『ジャック・ウェルチ わが経営(下)』 | main | 本多 静六 『私の生活流儀』 >>

ロバート・H. シュラー 『信念』

■自己啓発書の中の名言・格言 シュラー『信念』


立派なことを成し遂げようと決意を固めた以上、もう完敗はあり得ない。
少なくとも、すでに臆病な心に打ち勝ったのであるから。



愚かな者でも一個のリンゴの中の種を数えることはできる。
しかし、一粒の種の中のリンゴの数を数えることはできない。


行為という種をまけ、そうすれば習慣を刈りとることができる。
習慣という種をまけ、そうすれば人格を刈りとることができる。
人格という種をまけ、そうすれば運命を刈りとることができる。


信念を持つことは花の香りをかぐのと同じである。
信念の庭に咲いている誠実、希望、愛の甘美な香気を楽しむ、それが信念である。


容易に達成できる目標を成就しようというのであれば、
信念の力を借りるまでもない。
あなたが取り組んでいるいろいろなもくろみが
人間の力では不可能なときに、信念の力が必要になる。


信じがたいことではあるが、世間には、失敗よりも成功を恐れる人々がいる。
それは、成功がライフ・スタイルにどんな影響を及ぼすかが不安に思えるからである。


積極思考だからといって、なにも危ない冒険に無鉄砲に飛びつけというのではない。
成功できるかどうか、不確実なことは承知の上で冒険に立ち向かうことなのである。





シュラー【信念】より

信念
信念
ロバート・H. シュラー, 謝 世輝




■補足
Robrt Schuller(1927- )
ロバート・シュラーはアメリカの牧師。
ニューソート(新しい人生の考え方)の第一人者。
本拠の『クリスタル・カテドラル』は建築物としても有名です。

『信念』では、
人生の困難を乗り越えるとき、
また、夢の実現を願い、
人生を希望を持って生きるための“信念の力”について語られた一冊です。

シュラーの著作は、どれでも、
“できると考える”積極思考の大切さについて、
様々な語り口で説明されています。


ちなみに、積極思考について、

心の中に“希望”という種を蒔いて、
“努力”という水をやり、
“成功”を刈り取る


というような説明がよくされているように思いますが、
『信念』では、信念の本質を象徴するような、
面白い会話が載っていましたので以下に引用します。


ある友人がこんな話を聞かせてくれた。
「私、浜辺に家を持っているんですけど、砂に水をまくのが好きなのよ」
彼女は笑いながら話つづける。
「砂地に水をまくなんておかしいでしょ。でも、それでくつろぐんです」
急に、彼女の顔が明るく輝いた。
「ところが、とても信じていただけないでしょうけどね、草が生えてきたんです。
ほんと、水をまいた家の前の砂地が芝生になったんですよ。
きっと砂地の中に小さな種子が混ざっていたのね」





『信念』を読むと、
ネガティブな考えを払拭することできます。
夢や希望という言葉が好きな人にはもちろんオススメですが、
多少おつかれモードにある人や、内省的になりがちな人にとっても、
オススメの一冊です。



| 心理学・自己啓発の名言・格言 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://wisewords.holly.holy.jp/trackback/212115

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM