<< ロバート・H. シュラー 『信念』 | main | バートランド・ラッセル『幸福論』 >>

本多 静六 『私の生活流儀』

■処世の名言・格言 本多清六『私の生活流儀』



環境の支配は、まず環境への適応に始まる。



宇宙万物は一も完成し、確定したものがない。
いずれも不完全、不確定のままでたえず成長し、
進化し、発展しつつ、うつりかわる。
だから、われわれの人生も日に新たに、
日に日に新たに、断じて現状に安んじ、とどまるべきではない。


この世の中は鏡のようなものである。
自分が額に八の字を寄せて向かえば、
世の中という鏡もまた自分に八の字を寄せて睨みかえす。


およそ、一切の努力には、精神と筋肉との併用を要する。
精神に偏すれば病弱となり、筋肉に偏すれば魯鈍となる。


金を使うことも、金を作ることと同様、なかなか骨の折れる仕事だよ。


貯金なくして投資なく、利殖なし。
蒔く種が何も生やすことができぬからである。
ことに必要なのは、貯金の精神であり、貯金をする生活態度である。


いかなる妙案も、いかなる努力も、時勢に逆行しては敗けである。
表面にあらわされた社会現象から、その逆の動きをみてとることは、
時勢に逆行するものではなくて、むしろ、一歩先に時勢に順応するものである。





私の生活流儀】より

私の生活流儀
私の生活流儀
本多 静六




■補足
ほんだ せいろく(1866-1974)
本多 静六氏は学者。林学博士。
学者でありながら、貯蓄と投資に励み、
当時における淀橋の高額納税者トップになったこともある人物です。
そのすぐれた貯蓄法、投資法、資産形成の方法は、
現代なお注目を集めています。

『私の生活流儀』は、
本多静六氏自身の生活の中で心がけてきたことが語られている一冊です。
具体的には健康法や、暮らしの方法や考え方、結婚から家庭生活、
勉学・仕事に、貯蓄・利殖の知恵等が語られています。

貯蓄や利殖・投資などの話題が中心の本である、
本多 静六『私の財産告白』と併せて読むと面白いと思います。

| ビジネス・教養の名言・格言 | 03:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://wisewords.holly.holy.jp/trackback/215290

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM