<< 内田 和成 『仮説思考』 | main | 『感情力 -自分をコントロールできる人できない人』 >>

ブライアン・トレーシー 『ゴール―最速で成果が上がる21ステップ』

■ビジネス・教養の名言・格言 『ゴール―最速で成果が上がる21ステップ』


より遠い未来について考えれば考えるほど、
それを実現するためのよりよい決断を、今、下すことができるのです。


リーダーになる人というのは、人並みの、
あるいはそれ以下の能力やチャンスを活かして、
偉大なことを成し遂げていくのです。


ありがたいことに、考え方というのはどれも生まれたあとから身についたものです。
ですから、役に立たない考え方は捨てることも可能なのです。


彼らが成功したのは、計画どおりに実行したからではなく、
計画を立てる過程でビジネス上の鍵となる要素について考えたからなのです。


心理学者たちの間では、「コントロールの実感」こそが幸福、自信、パワー、
充足といった感情の鍵であるという見解で一致しています。
そして「コントロールの実感」は、
時間管理を見事にこなして初めて得られるものなのです。


一番目に何をするか、二番目に何をするかを正しく決めることは、
同時に何をしないかを正しく決めることであり、
その能力こそが人の人生を決めるのです。


正しく導かれ、統率されないプラス思考は、
あっという間に「ポジティブ願望」や「ポジティブ希望」に成り下がってしまいます。
本来、プラス思考はより高い目標達成のための
意欲を燃やすエネルギーとなるはずのものです。


勇気を育み、恐怖心を消すプロセスは、
勇気と自信のある行動をとることから始まります。





ゴール―最速で成果が上がる21ステップ】より

ゴール―最速で成果が上がる21ステップ
ゴール―最速で成果が上がる21ステップ
ブライアン トレーシー, Brian Tracy, 早野 依子



■補足
『ゴール―最速で成果が上がる21ステップ』は、
実用的でより確実な目標設定と、その達成方法について語られた一冊。

目標を立てる前段階の考え方から、目標の具体的な立て方、
そして目標を達成する上での計画的行動のススメなどが丁寧に解説されています。


例えば、本書の方法で、ダイエットの目標設定を説明しますと、
「体重を〜kg以下にする」が、ダイエットでの正しい目標設定になります。

「やせたい・やせる!」ではただの“願望”であって“目標”になりません。

具体的でない目標では、具体的な計画を立てることができません。
著者は、数字で出した計測可能な目標のみが、
正しい目標設定の仕方であると主張しています。

以下、本書よりの引用です。

目標というのは、単なる願望とは一線を画すものです。
それは明確で、具体的で、文章にされたものです。
他人に説明しようと思えばすぐにでき、
達成すればそうとわかる、計測可能なものです。



本書の言うところの、具体的で、数量的な目標を立てることは、
努力が無駄にならないためにも非常に重要なことかもしれません。


『ゴール―最速で成果が上がる21ステップ』は、
人生・ビジネスに役立つ具体的な目標・計画の立て方を知り、
効果的な努力をしていきたい人にオススメの一冊です。

| ビジネス・教養の名言・格言 | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://wisewords.holly.holy.jp/trackback/243424

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM