<< 二見 道夫 『「仕事力」の基本が身につく本』 | main | 斎藤 茂太『口のきき方 私の人間学』 >>

マクスウェル・マルツ 『自分に自信を持て!』

■心理学の名言・格言 『自分に自信を持て!』


好機とはあなた自身である。
だから自分で運命の扉をたたかねばならない。



われわれは譲ることによって、勝たねばならない。
思いやりに身をゆだねるのはよいが、怒りに道を譲ってはならない。
勇気にはよいが、臆病にはいけない。
資産にはよいが、負債にはいけない。
そして、あなたが自分で創造する自分の中の好機――より豊かな人生、
より大きな自尊心へと導いてくれる好機――に身をゆだねるのだ。


そして許そう。他人の失敗を許そう。他人の不完全さを許そう。
他人が自分に対して行った過ちを、
そして自分に対して行ったと思われる過ちを許すのだ。


受け身は、中途半端に生きることにつながることが多い。許しだって同じである。
受け身的に許すだけでは充分とはいえない。
今までのような口先だけの許しでは充分ではない。
充分に人生を生きるためには、より積極的に許すという概念が必要なのである。


洞察力を磨くこと。何に対してか?
自分に対してだ。
人に対してだ。
人生そのものに対してだ。


心の中にも戦場はある。
否定的な感情で心の中が騒然としている人や、怒りの分厚い壁を心の中に築いて、
自分自身からも他人からも分離状態にあるような人の心の中は戦場である。





自分に自信をもて!】より

自分に自信をもて!
自分に自信をもて!
マクスウェル・マルツ, 竹内均




■補足
マクスウェル・マルツはアメリカの整形外科医。
自助の心理学であるサイコサイバネティクス理論(Psycho-Cybernetics) を提唱。
サイコサイバネティクスとは、日本語に訳すと「心の統御(舵取り)論」という意味です。
サイコサイバネスティクスの“サイコ(Psycho)”の意味は心理、精神で、
“サイバネティクス(Cybernetics)”はギリシャ語の舵取り(操舵者)に由来しています。


よく、人間の分類で、

自分に厳しく、他人に厳しい。
自分に優しく、他人に厳しい。
自分に厳しく、他人に優しい。
自分に優しく、他人に優しい。


という四種に分けられ、「自分に厳しく人に優しく」が一番良いと言われます。確かにその通りだと思いますが、ただ単に厳しいが「自責」になり、優しいが単に「甘い」あるいは「無干渉主義」になると問題があります。

厳しいにしても優しいにしても、物事の見方・考え方、そして行動が建設的な方向に向いているかどうかが、別の問題として問われるのではないでしょうか。

そういった問題を解決するためにも、『自分に自信をもて!』では、積極性と優しさを両立させることが求められています。そして、自分に対しても、他人に対しても、建設的な方向で物事を考え、建設的な行動をとるための“心の統御法”について書かれています。

自分or他人に甘くなりがちな人、極端に責めがちな人、または消極的になっている人に『自分に自信をもて!』はオススメの一冊です。


○他のマクスウェル・マルツの書籍
自分を動かす―あなたを成功型人間に変える 新しい自分をつくる本
| 心理学・自己啓発の名言・格言 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://wisewords.holly.holy.jp/trackback/274427

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM