<<  『青木功自伝 ゴルフありて』 | main | ドン・エシッグ 『1分間でやる気が出る146のヒント』 >>

イザドラ・ダンカン 『魂の燃ゆるままに』

■自伝の中の名言格言 イザドラ・ダンカン『魂の燃ゆるままに』


芸術家はまさに愛する者であり、
そのときにのみ、人は美を純粋に見ることができるのだ。
そして、永遠の美を見つめる許しを得たとき、愛は魂そのものになる。



私の芸術は、しぐさや動きによって、
私という存在の真実を表現するためのものである。


私はあるダンスを発見しました。
二千年の間、忘れ去られていた芸術を発見したのです。
…それはギリシャ演劇をすばらしくしたもの、つまりダンスという芸術です。


私は逆に、体の中にある経路に流れ込み、
体全体を光の波動で満たしてゆく魂の表現の源を捜し求めた。
つまり、魂のビジョンや思いを映し出す遠心的な力を追い求めたのであった。


魂で音楽を聞きなさい。
聞いていると、深い所に内なる自分が目覚めてくるのを感じるでしょう?
あなた方の頭が上がるのも、腕が上がるのも、
光の方へとあなたがゆっくり歩いて行くのも、その力のせいなのですよ。


人は話し、次に歌い、そして踊らなくてはなりません。


体操家にとっては体の動きと訓練はそれ自体が目的であるが、
ダンスにとって、それは単なる手段にすぎない。
ダンスでは体そのものを忘れなければいけないのだ。


芸術は人生の喜びと奇跡を映す、ぼんやりとした鏡にすぎない。





魂の燃ゆるままに―イサドラ・ダンカン自伝】より

魂の燃ゆるままに―イサドラ・ダンカン自伝
魂の燃ゆるままに―イサドラ・ダンカン自伝
イサドラ ダンカン, 山川 亜希子, 山川 紘矢




■補足
イザドラ・ダンカン(1878-1927)はモダン・ダンスの創始者。
不自然に身体を拘束するものとしてバレエを嫌い、古代ギリシャ精神への回帰を唱え、体を締めつけないゆったりとした服装に裸足という格好で、自由で即興的な踊りを披露しました。

ちなみに、有名な話で、イザドラ・ダンカンとバーナード・ショーの次のやりとりがあります。

「私とあなたが結ばれれば、あなたの頭脳と私の美貌を併せ持った素晴らしい子供が出来ます」

とイザドラ・ダンカンがバーナード・ショーにプロポーズし、

「そうなればしめたものだ。だけど考えてみたまえ。逆もあり得ることを。もしも私の美貌と君の頭脳を併せ持った子供が生まれてきたら、その子は何て悲惨なことになるかを」

とバーナード・ショーが答えたというもの。

強烈なバーナード・ショー流の皮肉ですが、実際にイザドラ・ダンカン自身がそのような悲惨な頭脳の持ち主だったというわけではなく、少女の頃よりの読書家で、相当の教養人でもありました。

そして、その教養の下支えもあってか、イザドラ・ダンカンはしっかりとしたダンス理論を残し、学校を作り、数多くの後継者を育成しています。

その残されたイザドラ・ダンカンのダンス理論は、現代の様々なダンスに大きな影響を与えています。現代において身体表現を行うものなら、少なからずダンカンの影響があるといってもよいかもしれません。

『魂の燃ゆるままに―イサドラ・ダンカン自伝』は、ダンスに携わる人なら一度は読みたい一冊です。
| 自伝・伝記の名言・格言 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://wisewords.holly.holy.jp/trackback/311604
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2006/12/07 11:47 PM, from -

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM