<< 湯川秀樹『目に見えないもの』 | main | 『1分間顧客サービス』 >>

天野 祐吉『私説 広告五千年史』

■デザイン・広告の名言・格言『私説 広告五千年史』



広告は詐術です。嘘八百の世界です。
そんな嘘八百で人びとをだまくらかし、
それで人びとからうらまれるどころか、
“いやあ、面白かったよ”と感謝されるような、
そんな能力の持ち主こそ広告の天才と言っていいでしょう。



どんなうまい言葉も、
誠実さのイメージに裏打ちされていないと、
その言葉は決して相手に届きません。


CM音楽を作るということは、
商品を派手にホメたたえればいいというようなもんじゃない。
商品を語る語り方が、うたう歌い方が、
表現として、音楽として、それ自身面白くなければ、
商品も生き生きと見えてこないのです。


私はいつも、広告で人気を盛り上げることに意を払った。
なぜなら私は、広告に投じた金は
十倍にも百倍にもなって収穫できることを知っているからである
byP・T・バーナム


自分が残念なのはただひとつ、自分が死んだ新聞記事が読めないことだ
byP・T・バーナム





天野 祐吉『私説 広告五千年史』より

私説 広告五千年史
私説 広告五千年史
天野 祐吉




■補足
私説 広告五千年史は独特な視点で書かれています。
広告の源流は宗教にあるとして、
宗教、政治などを広告的視点からとらえています。
たとえば、
・イエスはニュースづくりの天才、またコピーライターとしても天才だった
・バッハの「マタイ受難曲」は、キリストの愛を生き生きと広告しているCM音楽
・「地獄」と「極楽」を並べてみせるのは、「使用前・使用後」の手法
・「四国八十八ヶ所めぐり」は、パッケージツアーの元祖
・ダイレクトメールの元祖・蓮如
・比較広告への道をひらいた日蓮

などなど、不謹慎にみえるかもしれませんが、
一つの見方として面白いのではないかと思います。
広告や歴史に関心のある人にオススメの一冊。




| 広告・デザインの名言・格言 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://wisewords.holly.holy.jp/trackback/70006
四国八十八カ所参り〜親子三代でのんびりと
僕は、1年半くらい前から、親父とこども2人を伴って、親子三代で四国八十八カ所参り をしています。そのきっかけは・・・・ 阪神淡路大震災をきっかけにできたAMDAネパールこども病院の資金集めに奔走するうちに、いろいろな方とお出会いすることができ、そ
2005/11/08 12:18 AM, from 日本一変わった脳外科医〜「高麗人参果実搾り・スクイーズ2200」誕生秘話

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM