<< 『ノーベル賞受賞者にきく子どものなぜ?なに?』 | main | 中村元・訳『ブッダ・神々との対話』 >>

渡部昇一【編述】『運が味方につく人つかない人―幸田露伴『努力論』を読む』

■文学者の名言・格言『幸田露伴“努力論”』



順風として喜んでいる人が遇っている風は、
逆風として嘆いている人が遇っている風とまったく同じ風なのである



“努力して努力する”―これは真によいものとはいえない。
“努力を忘れて努力する”―これこそが真によいものである


成功者は「自分の力」として運命を解釈し、
失敗者は「運命の力」として自己を解釈しているのである


運命の移り変わる法則は運命のみが知っている。
ただ運命と人力の関係はわれわれにも知ることができる


自分ひとりだけの手足でつかむ福は知れたものである。
しかし、ほんとにちっぽけなものであっても、
それが集まってたくさんの人の手足で運ばれてくる福は大きい


努力というのは、意志と感情とが相反している場合でも、
意識の火を燃え立たせて感情の水に負けないようにし、
そうして熱して熱してやまないことをいうのである


努力よりほかにわれわれの未来をよくするものはなく、
また努力よりほかにわれわれの過去を美しくするものはないのである


人の境涯は多様である。自分だけを正しいものとすれば、
世の中は正しくないものだらけで我慢できなくなるであろう


普通でよいと願っていたのでは、
時として普通になることすらできない場合もある。
普通以上になりたいと願って、
やっと普通レベルにたどりついたりするものだ


小さなことだと思って軽んじるのは自分の心を尊ばないということと同じだ
…つまらないものでも、きれいな鏡ならば善く映るのである


どんなに劣弱な能力であっても、
それをもっている者は、
自身のある領域だけでは勇気をもち得るのである


習慣はその事柄の価値よりも習慣の価値として尊いのであって、
習慣ができるできないは、
些細なことを大事にするか疎かにするかによって生じる





運が味方につく人つかない人―幸田露伴“努力論”を読む』渡部昇一【編述】より

運が味方につく人つかない人―幸田露伴『努力論』を読む
運が味方につく人つかない人―幸田露伴“努力論”を読む




■補足
運が味方につく人つかない人―幸田露伴“努力論”を読むは、
幸田露伴の『努力論』『修身論』を、
渡部昇一氏が現代語に翻訳・編集された一冊です。
現代人にも通じる内容でとても分かりやすくなっています。




| 心理学・自己啓発の名言・格言 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://wisewords.holly.holy.jp/trackback/70009

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM