<< 『ジャック・ウェルチわが経営 上』 | main | 『ネバーランド』 >>

鈴木秀子『愛と癒しのコミュニオン』

■自己啓発書・心理学の名言・格言『愛と癒しのコミュニオン』



自分の心を沈黙させるということは、
口で何かをいうこと以上に大切なことである。



神は、口は一つしかつくられなかったが、耳は二つつくられた。
by西洋の格言


「受容」は、肥沃な土壌のようなものである。
たとえば親子関係の場合、種子である子どもは、
その中で成長し、花を咲かせる。


ただ口だけ黙っているのはやさしいが、頭の中まで沈黙させることはできない。
頭にはいろいろなことが浮かんでくるが、
それにとらわれないこと、それが沈黙だというのである。


ただ一つ言えることは、愛されている人は、
愛が受け入れられるために自分をごまかす習慣がないということである。


自分が自分にとって本物である時、自分が自分を正直に見つめている時、
自分を好ましい人間に見せようとしない時、人に愛されるようになるのだ。


愛するというのは、実は、素晴らしさを味わうことではない。
嫌なところを受け入れることなのだ。


いいところを好きになることは、誰にでもできる。
でも、それは愛ではなく、単なる好き嫌いなのである。


人も物事も、自分の思う通りにはいかないかもしれない。
しかし、その奥の奥に見えるきらりと光るようなもの、
そういったものを見抜く力、
それが私たちを励まし、成長の糧を与えてくれる宝なのだ。





鈴木秀子【愛と癒しのコミュニオン】より

愛と癒しのコミュニオン
愛と癒しのコミュニオン
鈴木 秀子




■補足
鈴木秀子氏は聖心女子大学文学部教授(近代日本文学専攻)。
日本にエニアグラムを紹介した第一人者。著書『9つの性格』が有名。

愛と癒しのコミュニオンでは、
アクティブ・リスニング(能動的聞き方)の効能や、
心を沈黙させることなど、
他人に、自分に、様々なものに、“聞くこと”の大切さが語られています。





>>ブログルポ
| 心理学・自己啓発の名言・格言 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://wisewords.holly.holy.jp/trackback/70061

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM