<< 鈴木秀子『愛と癒しのコミュニオン』 | main | ジョン・ホーガン『科学の終焉』 >>

『ネバーランド』

■映画の中の名言・格言『ネバーランド』



ただの芝居じゃない
特別な物語だ。



「ただの芝居じゃない、特別な物語だ。」
「でも成功させるためには、想像力が必要だ。信じる力と。」


「君が望むときに訪ねていけるんだ。いつでも行ける」
「どうやって?」
「信じる力で。心から信じて。」





映画【ネバーランド】より

ネバーランド
ネバーランド




■補足
映画『ネバーランド』は、
Sir James Matthew Barrie(1860−1937)
サー・ジェームズ・マシュー・バリの手によって、
劇文学『ピーターパン』が誕生するまでの周辺を描いた映画。
実話を元に、多少脚色してあります。

バリは、ある子供たちと公園で出会い、
その子供たちの一人のピーターという少年をモデルに、
劇『ピーターパン』を作り上げていきます。

ファンタジーと現実が交錯しながら流れる設定になっています。
他の映画だと『アンデルセン』や『ビッグ・フィッシュ』に似ています。

ファンタジーと現実の交錯が、違和感なく融合しているという意味では、
ティム・バートン監督の『ビッグ・フィッシュ』に軍配が上がると思います。

『ネバーランド』では、
前半の伏線が、後半でうまく生かされていて、
ラストに行くにしたがって魅力的な映画になっています。

感動する人と、やや退屈する人に分かれそうですが、
とても温かみのある、良質な作品だと思います。




ネバーランド@映画生活
| 本位外・映画の中の名言 | 01:26 | comments(1) | trackbacks(8) | - | - |
Comment
こんんばんは!いいっすね、名言ブログ。
私も映画見えて、いいなって思う言葉をめもっちゃったりしますw。

ネバーランドはおしいっって感じでした。私もビックフィッシュと似てるテイストだなーと思いましたが、同じくビックフィッシュの方が全体の構成がよくできてると思いました。

賛否両論の意見がでてるネバーランドですが、私はなかなか面白かったと思います♪
2006/01/29 10:44 AM, from goma









Trackback
url: http://wisewords.holly.holy.jp/trackback/70065
ネバーランド
「ネバーランド」★★★★★(盛岡フォーラム1) 2004年ア
2006/01/27 10:07 PM, from いつか深夜特急に乗って
ネバーランド
思いやりに満ちた,あたたかい映画! 泣きました・・
2006/01/28 12:43 PM, from Akira's VOICE
ネバーランド
ストーリー 20世紀初頭のロンドン。 劇作家のジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は、公園でシルヴィア(ケイト・ウィンスレット)と4人の息子たちに出会う。三男のピーターは、父親の死後子供らしさを失っていたが、ジェームズはその姿に、自分が幼い頃に作り上
2006/01/28 9:00 PM, from ★Mooooovie★
「ネバーランド」
 ネバーランド 「ネバーランド」 ★★★ Finding Neverland(2004年英・米) 監督:マーク・フォースター キャスト:ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、フレディ・ハイモア、
2006/01/29 1:20 AM, from NUMB
『ネバーランド』 6.5P
                                       < 私的オススメ度:6.5P         3連休やっと昼間時間ができた☆オペラ座の怪人を〜と思っていたが、見事に寝坊してしまって、時間的に急遽ネバーランドに変更した。
2006/01/29 10:36 AM, from OL映画でいやし生活
ネバーランド
ない世界 あると思えば いないいないばあ   「チャーリーとチョコレート工場」のチャーリーで思い出しちゃった。  もちろん、この映画は、ピーターパンの原作者バリーを演ずるジョニー・デップの映画だとは思う。「シザーハンズ」や「エドウッド」も面白か
2006/01/29 8:53 PM, from 空想俳人日記
ネバーランド
ピーター、そこは夢がかなう場所なんだ。信じれば、必ず行ける。 お薦め度: ★★★★★  期待しすぎかと思いましが、それを上回る実に素晴らしい作品でした。 未見の方は原作
2006/02/04 1:25 PM, from PICO*THEATRE
映画『ネバーランド』
原題:Finding Neverland 「ピーター・パン」から100年を機に、その誕生物語が、喪失の哀しみ、気持ちのすれ違い、を乗り越えファンタスティックに、感動的に描かれる。 1903年ロンドン、劇作家のジェームズ・バリ(ジョニー・デッブ)は『リトル・メア
2006/02/16 2:17 AM, from 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM