<< 『TQ-心の安らぎを発見する時間管理の探究』 | main | スマイルズ『自助論』 >>

川上 哲治 『常勝の発想』

■スポーツ選手・監督の名言・格言 『常勝の発想』



努力の果てに、ついには自分が努力しているのか、
“努力”の方が自分を翻弄しているのか、
判別できない無心になり切れなければ、新しい世界は見えてこない。



どんなに遠まわりに見えようとも、
勝つためには、基本の積み重ねしかない。


努力に際限などない。
努力していると思っている間は、本当に努力しているのではない。
努力しているという意識が消え、唯一心になって初めて努力といえるのだ。


“勝負”の二字には、
文字通り“勝ち”と“負け”しかない。


真剣での勝負であれば、命のやりとりである。
敗れた瞬間にあの世行きだ。なにがなんでも勝たねばならないのである。
だからこそ、工夫もするし、策も用いるのである。


“不動心”とは「動かざる心」のことではない。
心は十方、八方に動いても、そのいずれにもとどまらない、
ましてやひとつにとらわれない“心くばり”のことである。
ちょうど千手観音が、千の手のいずれにも
心くばりがゆきとどいているようなものだ。


人生を味わうことと、人生を享楽することとは似て大いに非なるものだ。
前者は、努力の果てに、人生の意味を知ることであり、
後者は単なる命の消費にすぎない。





常勝の発想―宮本武蔵『五輪書』を読む】より

常勝の発想―宮本武蔵『五輪書』を読む
常勝の発想―宮本武蔵『五輪書』を読む
川上 哲治




■補足
かわかみ てつはる(1920-)
川上 哲治氏は元プロ野球監督。
現役時代は「打撃の神様」と呼ばれ、
引退後は巨人軍の監督としてV9を達成。
巨人の黄金時代を築きました。

『常勝の発想』は、
川上哲治氏が愛読する宮本武蔵『五輪書』を引用しながら、
勝ち続けるための発想を提示しています。

ちなみに、宮本武蔵は当時の主流であった
剣禅一如のような精神的なものを否定しています。

「剣というものは、人を斬る為のものである」
「剣を振る練習のときも、人を斬らんと思って振らねばならない」


というような、非常にドライといえばドライですが、
合目的、合理的な考え方をしています。
(反論・批判はあると思いますが)

本書でも、この合理的精神に影響を受けて、勝負に関する考え方や、
バットの振り方に関する考えなど、非常に分かりやすい合理的な説明がされています。

ただ、スポ根時代の雰囲気が漂っているところがあり、
発想自体は非常に合理的なものでありながら、
努力に関しての考えが割合非合理的なところがあります。

その例として、
「相撲取りはぶっ倒れて水をかけられてからが練習だ」
というものや、
「スランプ克服法としての特打(ただただひたすら打つ)」
などがあります。

本書では特打をすすめていますが、
近年のスポーツ理論では、「合理的な努力法とは言えない」として、
すすめないこともあります。

調子の悪いときに反復練習を行うと、
調子の悪いイメージが身体に身に付いてしまうとして、
「不調の時はコンディション作りやビデオによる反省、
反復練習は調子のいいときに行う」というふうに言う人もいます。

また、闇雲に努力するのではなく、
自分の動きを観察・反省し、
工夫を重ねながら努力する方が進歩するというような言い方もあります。

ただ、“血反吐を吐くぐらいの努力をして身に付く何か”とか、
“努力し続けられる精神的な強さを鍛える”
ということもあるとは思いますので、一概に言えないかもしれません。

『常勝の発想』は、
勝利や目標を手にするための合理的精神と、
努力における非合理的精神が混ざっている面白い一冊だと思います。
実際に両方必要なものなのかもしれません。


また、本書では現役時代の王・長島選手のエピソードなども読みどころです。

ちなみに“ボールが止まって見えた”とは川上氏の名言ですが、
王貞治氏には“ボールの縫い目が見えた”そうです。



■宮本武蔵の名言

千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす。
by宮本武蔵


武士といえば、常に死ができている者と自惚れているようだが、
そんなものは出家、女、百姓とて同様だ。
…武士が他と異なるのは、兵法の心得があるという一点においてだけだ。
by宮本武蔵


構えあって構えなし。
by宮本武蔵


打ち込む態勢をつくるのが先で、剣はそれに従うものだ。
by宮本武蔵


勝負とは、敵を先手、先手と打ち負かしていくことであり、
構えるということは、敵の先手を待つ心にほかならない。
…“構える”などという後手は邪道なのである。
by宮本武蔵




>>ブログルポ
| 趣味とスポーツの名言・格言 | 20:00 | comments(1) | trackbacks(1) | - | - |
Comment
勝負師の哲学を立派な人物今の巨人の石杖を築いた人物ですね!
2009/11/08 5:07 AM, from 川上耕司









Trackback
url: http://wisewords.holly.holy.jp/trackback/70075
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2007/01/21 3:42 PM, from -

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM