アレグザンダー・J・ベラルディ 『「いい人」だけがビジネスで成功する』より

ビジネス書の名言・格言  『「いい人」だけがビジネスで成功する』より


あわてないようにしよう。
受け取るのではなく、
与えることに気持ちを集中させたとたん、
すてきな出来事が起こるかもしれないのだから。


相手の真のニーズを憶測によってではなく、
時間とエネルギーを費やして知ろうとしなければ、
人のニーズを満足させることはできない。

あなたの成功は、あなたが奉仕しようと思っている相手について、
あなたがどれだけ理解しているか、ということに正比例する。

人のニーズを見極め、
満足させることに努力と関心を注ぎ続けるかぎり、
私たちは成功と個人的な達成感に向かって、
正しい道を歩み続けるだろう。

人は自分のことしか考えられなくなると、
人生の魔法が効かなくなる。
しかし、私たちだけが知っている方法で人の役に立ちたいと思ったら、
私たちは自分自身を含めたすべての人の人生を豊かにできる。




 【「いい人」だけがビジネスで成功する―
得るためにはまず与える サーバント・リーダーシップという考え方
】より
 

「いい人」だけがビジネスで成功する―得るためにはまず与える サーバント・リーダーシップという考え方 

アレグザンダー・J・ベラルディ、廣岡結子訳
「いい人」だけがビジネスで成功する―
得るためにはまず与える サーバント・リーダーシップという考え方

■補足
ちなみに、タイトルで使用されている「いい人」。この「いい人」という言葉にはプラスのイメージもありますが、マイナスイメージを抱く人も多いのではないでしょうか。
単に気が弱く優しいだけの人
といったように。

もし、あなたが「気弱ないい人」であって、マイナスイメージをもっているのであれば、下記の言葉が参考になるかもしれません。

しかし優しい人には二種類ある。性格が穏やかで言葉づかいも静かな人。それも良い人だが、それだけでは物足りない。心に思いやりがあり、常に相手のことを気づかって行動する人、それこそ本当の優しい人だと思う。
by小倉昌男
『やればわかるやればできる―クロネコ宅急便が成功したわけ』より

本書での「いい人」は前者の「優しい人」という意味ではなく、後者の「優しい人」であり、例えばマザー・テレサのような宗教的リーダーに見られるような

「信念に生きるがゆえに、人々への愛情に生きる人」

といったような「強い優しさ」を持つ人々のことを意味しています。

つまりは、

『「いい人」だから成功できないのではなくて、「いい人」だからこそ成功できる。なぜなら、「いい人」が心からの思いやりがあるがゆえに、人々の真のニーズを満たすことができるから。』

本書の大意はこのようになるでしょうか。

単に「気弱ないい人」から「信念のあるいい人」へ。

ちょっと頼りの無い「いい人」から脱却したい人に、オススメの一冊です。






■関連書籍
 
いい人すぎて”結果が出せない人”のための問題解決術  だれにでも「いい顔」をしてしまう人 嫌われたくない症候群 (PHP新書)  「いい人」には「いいこと」が起こる!―なぜ、ハイタッチな人は成功するのか?
| ビジネス・教養の名言・格言 | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

西郷隆盛『南洲翁遺訓』より

西郷隆盛の名言・格言  『南洲翁遺訓』より


敬天愛人
(天を敬い、人を愛せよ)


人を相手にせず
天を相手にせよ

道は天然自然の物にして
人は之を行ふものなれば
天を敬するを目的とする
天は人も我も同一に愛し給うゆゑ
我を愛する心を以て人を愛する也

道は天地自然の物なれば
西洋と雖も決して別無し





西郷隆盛「南洲翁遺訓」―ビキナーズ日本の思想 (角川ソフィア文庫)】より
 

西郷隆盛「南洲翁遺訓」―ビキナーズ日本の思想 (角川ソフィア文庫) 

西郷隆盛「南洲翁遺訓」
―ビキナーズ日本の思想 (角川ソフィア文庫)

■補足

西郷隆盛南洲翁遺訓』は西郷隆盛の遺訓集。
庄内藩の旧臣の人たちが西郷隆盛から聞いた話をまとめて、編集された一冊です。

「維新の三傑」の一人、西郷隆盛。映像や漫画などで、どっぷりとした体躯で、人望厚く、穏やかに人物に描かれることが多いですが、実際のところはどのような人物だったのか?

本書を読むと、明治維新という時代を築いた一人である西郷隆盛が晩年にたどり着いた境地と、その思想を垣間見ることが出来るかもしれません。

上に引用した「敬天愛人」とは、西郷がよく揮毫した言葉だそうですが、「神を愛し、人を愛せ」と言ったキリスト教の教えと共通するところがあります。

心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。
あなたの隣人をあなた自身を愛するように愛せよ。

とは聖書の中の言葉ですが、

道は天然自然の物にして人は之を行ふものなれば天を敬するを目的とする
天は人も我も同一に愛し給うゆゑ我を愛する心を以て人を愛する也

という西郷の言葉と、神と天を置き換えたなら順番も形もまったく同じ内容です。

尚、明治以前の日本には「敬天」と「愛人」というそれぞれの言葉が儒学の思想として存在していたそうですが、「敬天愛人」と一繋ぎになった言葉は使われてはいなかったそうです。

だからといって、「敬天愛人」という言葉は突如西郷によって使われたのかというと、そうではなく、当時のベストセラー「西国立志編」で登場するそうです。
(中村正直によるイギリスの自己啓発書、サミュエル・スマイルズ「セルフ・ヘルプ」の翻訳書)

晩年この書を読み、影響を受けた可能性も考えられますが、儒学を中心とした東洋思想を大切にした西郷隆盛が、単純に西洋の思想をそのまま借りてきただけではないだろうと思われます。

道は天地自然の物なれば西洋と雖も決して別無し

という西郷の言葉から推測すると、恐らくは、「敬天愛人」という言葉を世界を貫く理(ことわり)と見て、東洋の思想と西洋の思想を貫く理想をここに見たのではないでしょうか。

当時西洋の圧力に屈していく東洋の国々を見て、
『西洋も東洋も同じ人間であるならば、同じ理想が共有できるはずだ。「敬天愛人」大義はこちらにあり。』
と考えていたのかもしれません。

「世界」の中の「日本」という意識が覚醒し始めた明治維新前後の時代を象徴する一冊、『西郷隆盛南洲翁遺訓』を歴史に思いを馳せながら読んでみてはいかがでしょうか。

歴史好き必読の一冊。






■関連書籍
 
自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS) スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫   西郷南洲遺訓―附・手抄言志録及遺文 (岩波文庫)
| 政治・歴史の名言 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

フィリップ・コトラー「マーケティング10の大罪」より

ビジネス書の名言・格言  『「マーケティング10の大罪」』より


マーケティングは販売に注力するのではなく、
むしろ販売が不要なほど魅力的な製品の開発に注力すべきだ


差別化は二つの問題をはらんでいる。一つは、
多くの差別化が顧客の目にはどうでもいいことのように映っていること―
つまり、まがいものや魅力に欠けるものと受け止められていることである。

もう一つの問題は第一の問題以上に深刻なものだ。
それは、たとえ効果的な差別化を図れたとしても、
競合他社に簡単に模倣されてしまうという問題である。

ほかに差別化要因がなくても、
卓越したサービスそのものを強力な差別化要因とすることは可能である。




マーケティング10の大罪】より
 

マーケティング10の大罪 
マーケティング10の大罪
フィリップ・コトラー

■補足

マーケティングの神様、フィリップ・コトラーから一冊。

その意味するところは異なるかも知れませんが、

「販売活動を不要にすることこそ、マーケティングの理想である。」

とはドラッカーの言葉。上に引用したコトラーの言葉に近い内容ですね。
一読すると分かり難い、ちょっと分かり難い剣の極意のようにも見えます。
マーケティングの極意といったところでしょうか。

もう一つ似た言葉を引用すると、

「広告から離れることによって、より広告となる。」

こちらは広告批評の天野祐吉氏の言葉。
広告の極意ですね。

さらには、

「構えあって構えなし。」

剣の達人、宮本武蔵の構えの極意。
これらの言葉は理解し難くいですが、凡人には分かり辛い境地であって、自分とは無関係と決め付けてしまっては、得るものが無くなり、ちょっと残念です。

たしかに極意を体得することは難しいでしょうが、これらの言葉が「手段の目的化」を否定し、合理性を求めているのだと解釈すると、参考になる言葉であると思います。

手段はあくまでも手段。
剣術の目的は戦いに勝つことであって、構えに凝ることではない。マーケティングの目的は売れる仕組みを作ることであって、単に販売活動に熱心になれ、ということことではない。

定石の手段ばかりを使っていると、目的を果たすための行動を選択するという合理性を失いがち。

考え直すと、販売活動にいかに無駄が多いか、勘違いな発想をしているか、「マーケティング10の大罪」では、コトラーからの多数の指摘があります。

マーケティングに関する警句が凝縮した読みやすい一冊です。






■関連書籍
 
コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則 コトラーのマーケティング入門 ドラッカーが教える 実践マーケティング戦略
| ビジネス・教養の名言・格言 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

『本物のリーダーとは何か』より

ビジネス書の名言・格言  『「本物のリーダーとは何か」』より


リーダーシップとは力を行使することではなくて、力を与えることだ。
リーダーは魅力的な目標を掲げ、
そこに組織のエネルギーを集中させることで意図を実現する。

偉大な指揮者と同じように、
偉大なリーダーは組織から最善のものを引き出す。

真のリーダーは、誰もが希望の運び手だ

リーダーシップの重要な役割は、「どうやるか」の前に、
まず、「なぜ、それをするのか」を考えるところにある。

リーダーはビジョンによって、
組織の現在と未来をつなぐ重要な橋をかけるのだ。

リーダーの不在や無能さが暗示しているのは、
ビジョンの不在、夢の無い社会だ。
それがもたらすものは、よくて現状維持であり、
悪ければ目的と一体感を失って崩壊する社会である。
我々は新しいリーダシップの探求を、国家の最優先課題にしなけれなならない。




本物のリーダーとは何か】より
 

本物のリーダーとは何か  

 本物のリーダーとは何か
ウォレン・ベニス、バート・ナナス

■補足

「最近、部下がついてこない」
「後輩がついてこない」

そんな時、この「本物のリーダーとは何か」を読むとよいかも知れません。

できるならば、人を力によって従わせるリーダーではなく、仲間の潜在能力を引き出し、組織の力を最大限に発揮させるリーダーになりたいものです。

本書は90人の優れたリーダー達を研究し、リーダーシップの真髄を探る一冊。

内容としては、リーダーになるための自己啓発本というより、リーダーの特性を明らかにしていくビジネス書ですが、組織にとってリーダーの存在がいかに重要であるか、リーダーの特性、リーダーの果たすべき職務を体系的に理解できる良書です。

あらゆるマネジャー必読の一冊。





■関連書籍
 
サーバントリーダーシップ  7つの習慣 原則中心のリーダーシップ  ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ
| ビジネス・教養の名言・格言 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

『「できる人」で終わる人「伸ばす人」に変わる人』より

ビジネス書の名言・格言  『「できる人」で終わる人「伸ばす人」に変わる人』より


時として「できる人」は、周囲を魅了する力で人を鼓舞します。
しかし本当の「伸ばす人」は、
相手の中に眠る黄金が輝くときを信じて待っています。

 
「できる人」は答えにこだわり、
「伸ばす人」は答えを出すプロセスにこだわります。

「伸ばす人」は「できる」と「できない」の中間を大事にしているのです。

「伸ばす人」は不確実な世界の中にある限りない可能性を、
相手と一緒に探求するパートナーなのです。

あらゆるかかわりを通じて
「自分に内在する可能性に自分で触れる機会」を創り出してくれる人。
それが「伸ばす人」だと思います。



「できる人」で終わる人、「伸ばす人」に変わる人 】より
 

「できる人」で終わる人、「伸ばす人」に変わる人 

 「できる人」で終わる人、「伸ばす人」に変わる人
吉田典生

■補足

あなたには「育てたい人」がいるでしょうか?

「ピーターの法則」という有名な法則では、

「人は無能化するところまで昇進する」

と言われています。

仕事で結果を出せた人だからといって、その人に部下を付けたときに、更なる成果を上げるかどうかは、また別の話です。

配置が変わったときに、今までとは違う能力が必要になるということに気がつく人は、組織の中で無能化せず、伸びていく可能性があると言えます。

本書は、所謂コーチングの本ですが、「できる人」で終わり、人を育てられない人と、「伸ばす人」となり、組織力で成果を上げる人の違いがどこにあるのか、読み進めるに従って、明確に浮き彫りになっていきます。

人生の節目において、どこかで必ず必要になる「人を育てる」という能力。

環境が変わった時、この能力を磨かなければ、どこかで限界を作ってしまうかもしれません。

若き管理職必見の一冊です。


■関連の言葉
その他、後輩や部下育成に参考になる言葉を紹介します。

部下に将来を創造させるためには、まず上司のほうが部下の気持ちを想像しなければいけないのである。
by小倉 昌男『「なんでだろう」から仕事は始まる!より

年齢による順序、つまり長幼の序によって成員の順位がきまりますが、不思議なことにこうなると、順序が上の人が話すようになりがちです。ですから、上司(年齢の上のもの)は話すばかりで、聞くのが下手になります。
by東山 紘久 『プロカウンセラーの聞く技術より

人に自身を付けさせることが、リーダーの大事な仕事だ。できるとはとうてい思えないようなことを成し遂げる機会や、やりがいのある仕事を与え、成功するたびに、どんな形であれその功績を讃えることによって自信は生まれてくる。
byジャック・ウェルチ 『ジャック・ウェルチ わが経営(上) より

部下によい仕事をさせて成長してもらおうと思うなら、人を責めるのではなく、仕事を責めることです。そして、普段から信頼関係を高めるように努力することです。
by大久保寛司 『自分が変われば組織も変わる―コミュニケーション上手になる』より

部下の任務遂行の邪魔になっているものを取り除くことが重要なのだ。いってみれば、リーダーとは部下への「奉仕者」なのである。ほんとうのリーダーといえる人物は、部下の潜在能力を最大限に開花させることのできる人物でなければならない。
byジェームズ・オトゥール
マックス・ドゥプリー著 『リーダーシップは君子のように』より

リーダーは組織に対して責任を負わなくてはならないし、組織の明日の繁栄のために、自分のことばかりでなく後継者についても考慮しておく必要がある。そのためにリーダーはまず、企業の所有者ではなく、奉仕者とならなくてはならない。
byマックス・ドゥプリー『リーダーシップは君子のように』より

リーダーには信頼にもとづいた人間関係をつくり出す仕事も残されている。企業や組織の根本となる基礎は人間集団であるからだ。
byマックス・ドゥプリー『リーダーシップは君子のように』より

人材は何か権限を与えることで育つように思われがちですが、むしろ、特別な権限なしで、一体感からくるパワーを発揮できるかどうか。その方が人材は育つのです。
by野中郁次郎 『セブン‐イレブンの「16歳からの経営学」
―鈴木敏文が教える「ほんとう」の仕事』
より 

無花果の木を見て育った無花果は、よく実を結ぶ
byアラビアの諺
『向上心―すじ金入りの自分論』より
 
人は人によって心を動かされる。そして、それは人が相手の情熱を感じとったときなのである。その情熱は、目的をもったときに生まれる。目的を絶対に成し遂げようと思い、行動しているときに、本物の情熱が育つのである。
by高嶌 幸広 『説得上手になる本―相手の心をしっかりつかむ』より

上司の仕事は、部下に自信を取り戻させることだ。落ち込んでいる人を、“鞭打つ”ことだけは絶対にしてはならない。
byジャック・ウェルチ 『ジャック・ウェルチ わが経営(上)』より

その長所のみを採り上げ、その長所のみを利用すれば、どこにも間に合わぬ部下というものは一人もいない。
by本多清六 『私の財産告白』より

あなた自身が上司と良好な関係を築くことができて、初めて自分の部下に、リーダーシップを発揮できるのです。
by大久保幸夫 『上司に「仕事させる」技術―そうか!ボス・マネジメント!』より

人も物事も、自分の思う通りにはいかないかもしれない。しかし、その奥の奥に見えるきらりと光るようなもの、そういったものを見抜く力、それが私たちを励まし、成長の糧を与えてくれる宝なのだ。
by鈴木 秀子 『愛と癒しのコミュニオン』より



■関連書籍
 
なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか? コーチング―人を育てる心理学 この1冊ですべてわかる コーチングの基本
| ビジネス・教養の名言・格言 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM