ジャック・ニクラウス『勝利の決断19条』

■プロゴルファーの名言・格言『勝利の決断19条』ジャック・ニクラウス



勝利は自信を育て、謙虚さを教えてくれる。



今勝つことができたら、次に勝つことを恐れてはいけない。
成功を恐れて、成功への道を閉ざしてはいけない。


“勝ちたい”一心がわたしを謙虚にし、
“勝つ”ために現実を見据え、自分を変えていったのだ。


知るべきことは短所だけではない。
長所の把握が、すなわち次の勝利への確実な足がかりになるのだから。
そして勝利に放漫にならない。
勝利からも敗退からも学ぶべきことは無数にある。
いつも省みる心を忘れなければ、成功の糸口が必ず見えてくるものだ。


本当の勝利を知った者は、自分の生きる勝負の世界はもちろん、
すべてを通して責任感が強く、謙虚で慎み深い人間になるものだ。


自分自身をコントロールすること。
それは激情を抑えることではない。
激情を自分に起こさせない能力をいうのだ。


目前の敵は何だ。
試合か、それとも自分自身か。
少なくとも観衆ではない。


“ピーク”を過ぎることを恐れてはいけない。
“ピーク”を過ぎることで、見えてくるものがある。
パワーで押しすすむことができた時期を過ぎたからこそ、問われることがある。





ジャック・ニクラウス【勝利の決断19条】より

勝利の決断19条
勝利の決断19条
ジャック ニクラウス, Jack Nicklaus, ジェーエヌジェー




■補足
Jack William Nicklaus(1940- )
ジャック・ニクラウスは「帝王」と呼ばれたプロゴルファー。
圧倒的な強さで勝利を重ね、世界4大メジャー大会である
マスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロゴルフ選手権の
すべてを制覇し、史上4人目のキャリア・グランドスラムを達成。
その後も1986年にマスターズでの最年長優勝記録(46歳)を樹立しています。

勝利の決断19条では、
勝ち続けることに執念を燃やしたジャック・ニクラウスの、
“勝利の決断力”が語られています。




>>ブログルポ



| 趣味とスポーツの名言・格言 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

谷川浩司『集中力』

■将棋棋士の名言・格言『集中力』



反省は、失敗を客観的に分析して、これからに生かせる未来思考なのだ。



才能という言葉が必要になるのは、ある高さまでいってからで、
努力によって自分の力を最大限にまで高め、
その限界を乗り越えようとする時に、
初めて才能というものが必要になってくるのではないだろうか。


勝っても、
それで自信過剰になり、
努力を怠れば勝ったことがマイナスになる。
負けたとしても、
その敗因を冷静に判断し、
次につなげるべく努力していけば負けたことがプラスになる。


勝負で、戦いにくい相手というのは、
岩のように、山のように動かない人だ。


充実している時にこそ、現状を打破するやる気を持つことが大切なのだ。


勝負師の条件は、負けた悔しさをバネに、勝つことだ。
そして、勝ちたいという気持ちを持ち続けることである。
敗者の美学という言葉があるが、負けて満足するのは自己満足でしかない。


勝負では、自分が戦う意思を持って攻めていれば、
負けたとしても明日に生かす糧があるはずだ。


ミスには、それ以前に誘発する他の原因がある


勝負事に限らず、何事も腰がひけては前に進めない。
攻めの気持ちがあると、集中力が高まり、迷いが吹っ切れる。


ただ時間を費やして考えているだけでは意味がないのだ。
何を何のためにどう方向づけて考えるのか。
思考とは結果を導き出さなければ、ただの時間の無駄遣いでしかない。


理屈や言葉で了解する前に、
“ピンとくる”“なんとなくわかる”と感じる直感がまず働き、
その後に対策を考える。
思考力を養うには、
そこにいたる筋道をいかいに短くするかが重要なのである。


豊かで奥深い感性を養うことで得た閃きが、
勝つための思考へとつながる。


本当の強さとは、どういうものか?
それは、見たこともない局面を見せられ、
その中で最善手を自力で発見できるか、どうかなのである。


何事に対しても“できる”という方向で考えないと物事は進まないのである。
“できる”という方向から攻めると、思わぬアイデアが生まれるものだ。


物事を推し進めていくうえで、
その土台となるのは創造力でも企画力でもない。
いくら創造力や企画力を働かせようとしても、
道具となる知識や材料となる情報がなければ何も始まらないのだ。
知識は、頭の中に貯えられた記憶の体験が土台になるのである。


まったく関わりない偶然としての幸運などない。
積み重ねた努力や、
そうした自分を盛り上げてくれる人たちに応えようとする気力が、
無意識のうちに局面に最良の一手としての
“強運”を導いてくれるのではないか。


“四十九はあげるけれど、五十一はもらいますよ”という感じで、
少しずつ差を広げていくのが、勝つためのポイントなのである。





谷川浩司『集中力』より

集中力
集中力
谷川 浩司




■補足
集中力の著者・谷川浩司氏は将棋棋士。十七世名人資格者。
史上最年少の21歳で名人位を獲得。
集中力では、
勝負師・谷川浩司氏がその勝負で培ってきた、
勝つための能力“集中力”を中心に
“思考力”“記憶力”“気力”の磨き方などが書かれています。

谷川浩司氏は、羽生善治氏のライバルとよく言われますが、
集中力の内容も、
羽生善治氏の決断力とかなり共通点のある内容になっています。



【サイト内関連記事】
羽生善治 『決断力』
羽生善治 『簡単に、単純に考える』
升田幸三 『勝負―人生は日々これ戦場』
| 趣味とスポーツの名言・格言 | 03:07 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |

羽生 善治『決断力』

■将棋棋士の名言・格言『決断力』



“ここで行け!”という判断は、
読みよりもむしろ直感の働きが大きい。
将棋にかぎらず勝負には、流れの中に必ず、勝負どころが出現する。



決まり切った局面で長考して時間を使って疲れるより、
勝負どころの場面で深い集中力を発揮できることが大切である。


同じ人と何十回と対戦していくとなると、
“奇襲作戦”は意味がない。
一回それでうまくいっても、次は絶対に成功しない。
王道、本筋を行くことが非常に大事なのだ。


勝敗を決定するのは、“ただの一手”であったりする。
絶妙の一手。あるいは絶妙に見えて最悪の一手。


考える材料が増えれば増えるほど、
“これと似たようなことを前にもやって失敗してしまった”
というマイナス面も大きく膨らんで自分の思考を縛ることになる。
そういうマイナス面に打ち勝てる理性、
自分自身をコントロールする力を同時に成長させていかないと、
経験を活かし切るのは難しくなってしまう。


勝つのは一点差でいい。
五点も十点も大差をつけて勝つ必要はない。
常にギリギリの勝ちを目ざしているほうがむしろ確実性が高くなる


勝負の世界では、多くの人たちに、
どれだけ信用されているか、風を送ってもらうかは、
戦っていくうえでの大きなファクターであり、
パワーを引き出してくれる源である。


“いかに戦うか”は大局観にかかわるが、
その具体的な戦略は事前研究が決め手になる。
事前にしっかり準備して万全の態勢で対局に臨んでくる人は手強い人だ。


一気に深い集中力には到達できない。
海には水圧がある。
潜るときにはゆっくりと、
水圧に体を慣らしながら潜るように、
集中力もだんだんと深めていかなければならない。


興味が続くかぎり集中力は続くものだ


両方だめだという結論のなかで二者択一にこだわるよりも、
まったく読んでない手のほうが可能性が広がるのだ


大一番の対局では、誰しも手堅く、
安全、確実な道を選びたくなるものだ。
自分もそうすることがよくある。
しかし、確実にという気持ちに逃げると、
勝負に勝ち続けるのは難しくなってしまう。


直感でどういう手が浮かぶとか、
ある手をばっと切り捨てることができるとか、
確かに個人の能力に差はある。
しかし、そういうことより、
継続できる情熱を持てる人のほうが、
長い目で見ると伸びるのだ。





羽生 善治【決断力】より

決断力
決断力
羽生 善治




■補足
「将棋界始まって以来の七冠達成」の経験をもつ天才棋士、羽生善治氏の一冊。
将棋というと何手先も読んで熟考する場面を浮かべるので、
思考のみが重要と思ってしまうかもしれません。
しかし、決断力の中では

“長い時間考えた手がうまくいくケースは非常に少ない”

と書いてあります。確かに、考えすぎているときは迷っている証拠。
決断力では決断に際して、
“読み”だけではなく“直感力”“集中力”“見切り”の大切さなどが書かれています。



>>ブログルポ



【サイト内関連記事】 
谷川浩司 『集中力』
羽生善治 『簡単に、単純に考える』
升田幸三 『勝負―人生は日々これ戦場』
| 趣味とスポーツの名言・格言 | 23:25 | comments(1) | trackbacks(2) | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
知っておきたい日本の名言・格言事典
知っておきたい日本の名言・格言事典 (JUGEMレビュー »)
大隅 和雄,季武 嘉也,義江 彰夫,神田 千里,山本 博文
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM